鉄道・インフラ向けSI

鉄道・インフラ整備工事向けシステム

鉄道を始めとした運送インフラは、戦後から約50年前に開かれた東京オリンピックを目指して、急激に進化してきました。

しかし、来る2020年のオリンピックを前にして、約60年以上の歳月が過ぎ、経年や地震による劣化により、大きな損壊も有ります。

トンネル崩落や、配管の亀裂、車両の劣化による事故も増加しており、改善が急務となっています。

そのような過酷な現場に必要な技術的サポートや、新しいソリューション、また、安全教育に関わる総合的なソリューションをサポートいたします。